ファンデーションブラシのお手入れ法・洗い方

ファンデーションブラシもパフやスポンジと同様、汚れや雑菌がたまると、肌荒れや肌トラブルの原因になるだけでなく、ブラシの質が低下し使い心地も悪くなり、ファンデーションがきれいにのらなくなってしまうので、定期的なお手入れが必要です。

しかし毎日洗うとブラシが傷みやすくなり、ブラシの消耗を早めてしまうので、2週間から1ヶ月を目安に洗います。リキッドやクリームファンデーション用のブラシは、ブラシが固まってきたり、ブラシの先が割れてきたら必ず洗ってください。

まずは、毎日のお手入れですが、パウダーファンデーションの場合は、使用後にティッシュやコットンで粉を落とします。

リキッドやクリームファンデーションの場合は、使用後にティッシュで軽くふき取ります。

では実際のブラシの洗い方を紹介します。

人工毛の場合は、専用クリーナーか中性洗剤を使います。天然毛の場合は、専用クリーナーか、シャンプーとリンスを使います。

まず大きめのコップや洗面器に水かぬるま湯を入れ、ブラシをかるくすすいだ後、新しい水に入れ替えます。新しい水を入れ、中性洗剤やシャンプーを薄く溶かし、その中で振り洗いをしてブラシの汚れを落とします。これを汚れが落ちるまで何度か繰り返します。リキッドの場合、固まったファンデーションは落ちにくいのでブラシをなでるようにして汚れを押し出します。シャンプーで洗った後は、新しい水にリンスを薄く溶かした中にブラシを入れて、さっと泳がせるようにすすぎます。仕上げは蛇口の水でリンスを洗い流します。

あまり強く洗うとブラシの毛が傷んでしまい、毛並みが乱れ、ムラや肌荒れの原因になるので、全体的に優しく洗います。

特に天然毛は傷みやすいので、人工毛のブラシよりも念入りにしましょう。

ブラシの汚れが取れたら軽く押さえるように絞って、残った水気をタオルで拭き取り、毛並みをそろえて、タオルやティッシュの上で陰干しします。この時、絶対にドライヤーで乾かさず、必ず自然乾燥させます。ドライヤーを使うと毛が傷み、広がってしまいます。

きちんとお手入れをして、気に入ったブラシをできるだけ長く使いたいものです。

関連記事

ページ上部へ戻る