その他の人気のファンデーションブラシ

資生堂のファンデーションブラシ131から火が付いたファンデーションブラシブームですが、コーセーから出ているエスプリークのファンデーションブラシも人気です。

やはり同じようにパウダーでもリキッドでも手持ちのファンデーションに使えます。

ベルベットのような、優しくなめらかな肌あたりで、目周りや小鼻の際などの細かい部分にもきれいに塗布できます。何度もブラシにファンデーションを含ませる必要がないため、スピーディに仕上げられ、どんなタイプのファンデーションにも使用できます。

使い方は、トントンと置くようにするのではなく、顔の中心から外側に向かって大きならせんを描くようにクルクルとのばします。

特に毛穴の気になる部分は、小さならせんを描くようになじませます。目のまわりや小鼻などの細かい部分は、ブラシに残ったファンデーションを使い、ブラシを左右に軽く動かすようになじませます。

ファンデーションを付けたす手間もなく、一はけで簡単に毛穴をカバーし、素肌感のある自然な仕上がりになります。

資生堂のブラシやmatoiと比べると、一番面が大きく、毛が柔らかいです。matoi同様、どちらかというとパウダーファンデーションに向いています。

リキッドファンデーション用のブラシでは、クリスチャンディオールのバックステージフルイドファンデーションブラシLは値段が張るにも関わらず、人気のブラシです。

毛は人工毛と天然毛を組み合わせた合成繊維で作られていますが、肌触りは柔らかく適度なコシがあり、顔全体にすばやくファンデーションがなじむので、簡単にプロ並みの肌を手に入れられます。

使い方は、ファンデーションをなじませたブラシを顔の中心から外側に向かって、一定方向に伸ばします。全体になじんだら、手のひら全体で押さえるようにして、ファンデーションを落ち着かせます。

このブラシを使用すると、ファンデーションが少量でも驚くほど伸びるので、薄く均一に、つやのある美しい肌に仕上がります。

関連記事

ページ上部へ戻る