ファンデーションブラシの使い方(リキッド)

基本はパウダーファンデーションを同じで、顔の広い部分を中心から外側に、また上から下に向かって塗ります。
下地で肌を整えた後、手の甲にファンデーションを乗せ、ブラシに含ませます。
含ませたブラシを目頭の下辺りの頬に当て、外側へ向けて横にのばす。何度かブラシを往復させ、次に頬の下半分も同じように塗ります。

片頬に薄くファンデーションがのったら、軽くスポンジで押さえて、なじませます。反対の頬も同じように塗ります。ブラシを往復させることでしっかり毛穴や肌の凹凸を埋め、肌に均一にファンデーションを付けることができます。
もう一度ブラシにファンデーションを足して、おでこの中央で何度かブラシを往復させます。

ブラシの先で髪の生え際へと薄く広げ、スポンジで全体を押さえてなじませます。
ブラシの先にごく少量のファンデーションを足し、鼻すじにひと塗りします。くずれやすい小鼻の周りは毛先を縦に使って、細かい部分までしっかりなじませます。スポンジのキレイな面で鼻すじを軽く押さえてから小鼻の周りをよくたたき込みます。

鼻すじにはファンデーションを残し小鼻は薄くつけることで、化粧崩れを防ぎ、自然な立体感が生まれます。
ブラシにファンデーションを足さず、上まぶたと下まぶたを順になじませます。

ブラシでつけるとよれにくくなるので、まぶたのくすみがしっかりカバーでき、顔全体が明るい印象になります。
目の下のくまやしみなど、色ムラが気になる部分は、指で少量のファンデーションをたたき込むようにしてカバーします。ブラシでしっかりファンデーションを肌になじませた上に薄く重ねることで、カバー力が増しよれにくくなります。
ファンデーションが薄くしっかりと付き、自然なツヤのある仕上がりを保つために、仕上げにフェイスパウダーを乗せます。
仕上げにつけるフェイスパウダーは、できれば微粒子パールの入ったツヤタイプのものを選び、しっかりファンデーションを押さえた後にブラシで余分な粉をしっかり払います。そうすることでファンデーションをブラシでつけたツヤが生きた自然な仕上がりになります。パールの入っていないマットタイプのものの場合も同様に付けると、厚ぼったくならずにきちんとした印象に仕上げることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る